So-net無料ブログ作成

アジアカップ予選 vsサウジアラビア [日本代表2006]

AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
11月15日(水)19:10キックオフ/札幌ドーム/40,965人
日本代表 3-1 サウジアラビア代表
得点者:'20田中マルクス闘莉王(日本)、'29我那覇和樹(日本)、'33 ヤセル・アルカフタニ(サウジアラビア)、'50我那覇和樹(日本) 

■日本代表
GK 23 川口能活(磐田):cap
DF 14 三都主アレサンドロ(浦和)
DF 21 加地亮(ガンバ大阪)
DF 31 駒野友一(広島)
DF 45 田中マルクス闘莉王(浦和)
MF 26 今野泰幸(F東京)
MF 30 阿部勇樹(千葉)
MF 53 中村憲剛(川崎F)
MF 55 鈴木啓太(浦和)
FW 36 巻誠一郎(千葉)
FW 65 我那覇和樹(川崎F)
----------
控え
----------
GK 43 山岸範宏(浦和)
DF 48 青山直晃(清水)
MF 35 長谷部誠(浦和)
MF 51 羽生直剛(千葉)
MF 58 田中隼磨(横浜FM)
MF 60 山岸智(千葉)
FW 37 佐藤寿人(広島)
FW 66 前田遼一(磐田)
FW 80 高松大樹(大分)

■サウジアラビア代表
GK 41 ヤセル・アルムサイリム
DF 2 アハメド・ドゥキ・アルドサリ
DF 3 レダ・ファラタ
DF 4 ハマド・アル・ムンタシャリ
DF 24 フセイン・スリマニ:cap
MF 7 モハマド・ハイダル
MF 16 ハリド・アルタケル
MF 19 エイサ・アルマイアニ
MF 37 オマル・アルガムディ
MF 51 サレハ・アルサクリ
FW 20 ヤセル・アルカフタニ

控え
----------
GK 52 サイード・アルハルビ
DF 33 モハメド・アルモワラド
DF 45 ハッサン・ファラタ
DF 47 ウサマ・ハウサウイ
MF 14 サウド・カリリ
MF 46 バデル・アルアグバニ
FW 10 モハメド・アル・サフルフーブ
FW 31 アハメド・アルスワイル
FW 50 マレク・アルハウサウ

試合の結果:
http://www.sanspo.com/soccer/japan/a/score/2006/20061115.html


今日は寒い札幌での試合ですが、ここはドームなので、暖かい環境で試合ができているのではないでしょうか。また、まこちんはスタベンか。
サウジの選手はドーム型スタジアムは初めてで、ハイボールがよくわからないようです。

前半20分、CKから、闘莉王のゴール!いやあ、よかったよかった。これで有利に試合を進められますね。
その後、28分にも我那覇のゴール。博美が解説で加地がさわらなければよかったなんていっていました(^^;
その後、PKを取られ失点。まあ、あれはPKになっても仕方なかったな。

後半も始まってすぐにまた我那覇がゴール!!
しかし、その後BSは津波警報が入ってきて、放送中止。TBSもところどころ試合がみれなくなり、あまり試合の流れがわからず。
とりあえず、ドームが津波に襲われることはないだろう。

最後に高松がPKゲット。しかし、闘莉王がはずしてしまった。へんなフェイント入れないで普通に蹴ればよかったのに。
んで、終わり。まあ、いいか(笑)

選手のコメントです。

三都主アレサンドロ選手(浦和)
「マークのずれが少しあったので啓太(鈴木)とのコンビネーションをしっかり取ることを意識してプレーしました。攻撃面はいい形を何度か作れたけど守備はやっぱりハードでした。ボールを取ったあとはワンツーを使うことを心がけていた。サイドで勝負するような場面は少なかったけど、ポストプレーヤー二人をうまく使って攻撃できていた。最近は前で落ち着かないことが多かったのでそれはすごく良かったと思う。足りなかったのはミドルシュート。それができれば攻撃にもっと幅が出たし、サイドでも2対1が作りやすくなったと思う」
http://www.jsgoal.jp/news/00040000/00040677.html

田中マルクス闘莉王選手(浦和)
「最後の試合(今年最後の代表戦)なので非常に気持ちは入っていた。オシム監督がやろうとしているサッカーは、前半ある時間帯は出来たのではないかと思う。短いパスで相手を崩していく、サイドを突破するというサッカーは、ある時間帯、少しは出来たのではないかと思う。
ゴールシーンについては、巻がいいヘディングをしてくれたので、もしこぼれたらな…という感じだったが、自分の目の前にこぼれてくれたので、あとは蹴るだけだった。

PKについては、PKになった瞬間、自分が蹴ろうと思っていた。外してはいけなかったが外してしまったので、次はないでしょう。最後の試合、いい形で終わることが出来たので、あとは次に向けてJでも天皇杯でも良い結果残せるように頑張るだけ。代表があったり 優勝争いがあったり、切り替えの部分は非常に難しいが、またリーグ戦の方に切り替えて、レッズを優勝させられるように 楽しいサッカーを見せたいと思う」
http://www.jsgoal.jp/news/00040000/00040682.html

鈴木啓太選手(浦和)
「今日のゲームは中央を空けすぎるときがあった。相手のサイド攻撃を意識しすぎてしまった。その点は修正していきたい。2-0になるまではいい流れでしたけど、僕自身のミスからPKを与えてしまったことによって、苦しい試合展開になってしまったこと、チームメイトに謝りたい。ミスをしないのが一番。今日は人のことはなにも言えません。

チームとしては、攻撃に関して非常に多くのチャンスを作ることが出来たし、もうちょっと得点が入っても良かったのかなとも思うが、その形を作れたことに関しては良かったと思う。

サイドで数的優位を作りながら崩すことも出来ていたし、後半最後の方は押し込まれる場面が多く出てしまったが、前半2-0になるまで、そして後半の頭の方に関しては、非常に良い形でスムーズに攻撃が出来ていたし、人も動くサッカーというのは少しずつ出来たかなと思う。

自分たちのクオリティというものも多少上がってきたと思うし、そういう意味ではアウェイで戦った時より、自分たちのやること・目指すことは出来たと思う。ただ、これはホームでやったゲームであって、彼らのホームでは負けているし、そういった部分では、点差というものは今回の方がついたが、まだまだサウジアラビアを圧倒するということは出来ていないと思う。ただ、これを続けていくことによって、自分たちの目指す部分というのは見えてくると思う」
http://www.jsgoal.jp/news/00040000/00040693.html

高松大樹選手(大分)
「勝っている場面で入ったので、自分の得点を狙って行こうと思っていた。ピッチに入る時は、相手の右サイドがけっこう上がっていたので、そっちを見るように言われていた。時間は短かったが、最後のフィニッシュとか、そいういうところをしっかりやっていければと思う」

Q:惜しいシュートについて。
「決定的なチャンスだったので、あれは決めなくてはいけなかったと思う。そこをしっかりとできるように練習やリーグ戦で意識してやっていきたい。

Q:PKを取ったシーンについて。
「ユニフォームを持たれていたので、レフェリーにアピールしていた。うまくとれた感じ。もっと頑張って試合に出られるようにしたい。FWなので点に絡むプレーだったり、得点できるようにやっていきたい。

(PKは)自分で取ったけど、闘莉王が蹴る気満々だったし、まだ自分はチームに馴染んでいないので。蹴りたい人が蹴ったほうがいいかなと思った。短い時間だったけど、自分の持ち味を出せたと思う」
http://www.jsgoal.jp/news/00040000/00040673.html

阿部勇樹選手(千葉)
「相手の2トップが縦の関係だったので、そこをしっかりと抑えることが大切だった。それと相手の2列目からの飛び出しをどのように受け渡すかという部分を意識してプレーしていた。相手にボールを回されてしまった時間があったが、みんなちょっとづつ運動量が落ちてきてやられてしまった」
http://www.jsgoal.jp/news/00040000/00040688.html

人気blogランキングへ
よろしければぽちっとお願いします。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(18) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

ドラ

なるほど、サウジアラビアの選手はドームが初めてだとハイボール厳しいですよね。
僕も1回某ドームで草野球をした時フライが取れませんでした_| ̄|○ただでさえフライが苦手で内野にまわされたのに(--;)
でもそれがサウジ戦で有利に?働いて良かった^^
by ドラ (2006-11-17 02:25) 

ゆう

>ドラさん
ドームはほんとに見にくいですよね。でも、今回の代表選手は、あそこで試合したことない人の方が多かったと思う。コンサドーレがJ2になっちゃったので。
だから、それほど有利だったのかどうかはどうでしょうね。
ま、ホームはやっぱり有利なんでしょうけど。
by ゆう (2006-11-17 21:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 18

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。